スカーレット147話「分からんでも分かる」あらすじ

スカーレット147話は、タケシが鳥居さんに電話するところから始まります。タケシは喜美子に言われた通り、自分でみんなの陶芸展に出品を申し出ていました。

 

電話が終わると、タケシは信作たちと一緒にいた岩崎さんという女性は同じ中学校で、陶芸展に出品の希望を伝えたところ、今日にでも作品を見に来てくれると喜美子に話していました。

 

喜美子にその話をしながら、タケシは出されたご飯をパクパクと食べていました。その様子を見て味が分かるのか尋ねます。するとタケシは、「分からんでも分かる」と答えました。

 

今まで毎日食べてきた喜美子の料理の味をタケシは思い出しながら食べることにしたようです。洗濯物を取り込む喜美子に岩崎さんと鳥居さんが声をかけます。

 

二人は工房に案内され、タケシの作品を見て感動していました。二人が帰ってた後に訪れた後援会会長もタケシの作品を見て、感心した様子で高く売れそうだとじっくり見ていました。

 

ある日、直子からの突然の電話でタケシとマナさんは直子に連れられドライブに出かけます。琵琶湖を一周しようと直子は張り切っていましたが、結局すぐに迷ってしまい近場をぐるぐるしていたとタケシが喜美子に説明していました。

 

喜美子がみんなに夜食でも食べさそうとしていましたが、直子はタケシとマナさんを二人きりにさせるため、喜美子を無理やり連れだして飲み屋に出かけていきました。

 

直子はベタベタせず、距離を置きながらも楽しそうにしているのを見て二人がお互いに本当に好きだということが伝わってくると喜美子に話していました。

 

タケシは以前のようにマナさんを拒むことは無くなっていて、二人きりになってもマナさんを無理やり帰らせようとはしませんでした。

 

マナさんは自分の母親に好きな人いることを話し、普通だったらこんな話をしないと笑い、特別な人だから話したのだと説明しました。そんなマナさんにタケシは描き上げたマナさんの似顔絵をしばらく見つめた後、マナさんに渡します。

 

二人は言葉をほとんどかわさないものの、大事な時間をお互いがかみしめるように静かに過ごしていました。スカーレット148話へ続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です