スカーレット143話「残された時間」あらすじ

スカーレット143話は、喜美子が病院に行き、智也君のお母さんにお皿を渡すところから始まります。智也君のお母さんは喜美子のお皿を受け取り横で寝ている智也君に「綺麗なお皿だ」と声をかけると、智也君が苦しそうにしている事に気づきます。

 

大崎先生が慌てて駆け付け、病室は騒然としていました。喜美子は自宅に帰ると、留守番をしていた八郎に智也君が亡くなったことを知らせました。

 

喜美子は工房に居るタケシにも伝えようとしましたが、八郎はこれからさださんが来ることを教えます。ちょうどその時、さださんと圭介が現れました。喜美子は嬉しそうに二人を迎えます。

 

さださんは立ち上げた服飾の専門学校の顧問になっていました。今は友人が病気になったのをきっかけに、入院中でも脱ぎ着が楽に出来て、おしゃれさも損なわない患者さん向けの下着をデザインする仕事に取り組んでいました。

 

圭介は無事、小児科の医師になっていてさださんと久しぶりに連絡を取りあった後、すぐにちや子からも連絡が来て、タケシのことを知ったと話してくれました。

 

圭介は白血病の患者さんも診ていて、ドナー探しの難しさを話します。しかし、「医学の進歩はめざましい」と、いつか白血病はすぐに治る病気になると信じていることを話し、圭介は喜美子たちを励まします。

 

「こんなことしか言えないけれど」と言う圭介に、喜美子と八郎は深々と頭を下げてお礼を言いました。さださんたちが帰って行くと、喜美子と八郎はタケシに智也君の事を話しに行きました。

 

タケシよりもつらそうな表情でタケシを見つめる八郎に、喜美子とタケシは暗い顔をするなと茶化します。タケシはアルバイトをしながら作品作りを続け、夏が過ぎ、アルバイトは週三回から二回、一回へと減って行きます。

 

タケシはまだ思い通りの波紋が器に描けずにいました。マナブとメグミは結婚披露宴の招待状をタケシに渡しに来て、タケシはとても驚いていました。

 

タケシがアルバイトに行く日、喜美子が窯焚きの準備をしているのを見て声をかけます。喜美子が宗一郎さんから貰った、たぬきの置物に気づいて懐かしそうに手に取ります。そして、喜美子にバイトに行くと言って笑いながら出かけていきました。スカーレット144話へ続きます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です